【睡眠サプリで寝つきがよくなる】効果で選ぶサプリランキング

睡眠薬は副作用が心配です。当サイトでは、毎日飲んでも問題がない睡眠サプリのみを厳選して紹介しています。

睡眠サプリの効果的な飲み方

「たくさん飲んだ方がサプリって効きやすいんじゃないかな。」

「どんなサプリだっていつ飲んでも同じだよね。」

しかし、サプリメントは成分によって実は、飲むタイミングや量が違ってきます。

睡眠サプリは、体質改善が目的なので、即効性がある睡眠薬と違って厳密に時間を守る必要はありません。

そして何より、続けることが何より大事なので、効果的な飲み方を厳守してストレスになるぐらいなら、自分の好きな時にご利用ください。

睡眠サプリの飲む時間帯や回数

睡眠サプリに含まれるアミノ酸は、胃で消化されるのではなく、小腸などでそのまま吸収されます。

アミノ酸に分解する前のペプチドやタンパク質と違って吸収するのに消化する必要がないので、約30分間とあまり時間がかかりません。

引用元:https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports-eiyou.html

これだけ吸収する時間が少なければ、睡眠薬と違って、寝る直前や寝る数時間前など厳密な時間の制限はなくても良いという事になります。

また、グリシンやトリプトファン、テアニンなどのアミノ酸は、特に消化と関係がある成分ではないですし、ビタミンやミネラルとの飲み合わせで吸収率がかわるわけではないので、食前や食後、朝や夜にこだわることが必要もないと思います。

睡眠薬と違って、飲むベストなタイミングが厳密に決まっていない睡眠サプリの方が手軽で続けることができますね。

飲む回数も1日3粒という容量を守れば1回でも3回に分けて飲んでも問題ありません。

睡眠サプリの効果的に飲む方法

睡眠サプリは腸から吸収されるように計算されてできているので、歯で噛んでしまいますと、逆に腸を早く通過し過ぎてしまい、吸収量が減ってしまう事があります。

サプリや液体、カプセル、錠剤、顆粒と様々なですが、いずれも最大限に吸収量がよくなるように作られているので噛むことはやめておいた方が良いと思います。

また、1日に摂取して良い量というのは決まっていますので、たくさん飲んだからと言って効果が高まるものではありません。

過剰摂取によって副作用が起こる場合もありますので、絶対にやめてください。

常備薬を飲んでいる方は、飲み合わせによっては副作用がでてしまうことがありますので、医師に相談の上、ご利用するようにしてください。

睡眠サプリをお茶と一緒に飲むのはやめた方が良い

睡眠サプリを飲むときには、お茶にはカフェインが入っていますので、寝つきが悪くて悩んでいる人にとっては逆効果になりかねません。

その他にもカフェインが含まれている紅茶やコーヒーなども睡眠サプリと一緒に服用するのはやめた方がいいと思います。

牛乳やジュースなどと一緒に飲んでも特に問題ありませんが、基本的にサプリメントは水で飲むことを前提に作られています。

ただ、お酒と一緒に飲むのは、アルコールの飲み合わせによっては副作用がでる可能性もあるので避けた方が無難だと思います。

睡眠ゴールデンタイムについて

睡眠のゴールデンタイムは22時~2時だと言われています。

この時間帯については、賛否両論ありますが、今は、時間帯より睡眠の質の方が重要視されています。

睡眠サプリの成分は寝ている間に、睡眠ホルモンや成長ホルモンに作用し、睡眠をより高めることができると言われています。

睡眠ゴールデンタイムは睡眠ホルモンも活発に

睡眠ホルモンであるメラトニンが最も分泌されるのが0時ごろと言われており、22時~2時である睡眠のゴールデンタイムとも一致しています。

このことが睡眠ゴールデンタイムの根拠となったと言われています。

メラトニンは、質の高い眠りをもたらすことができます。

メラトニンは、セロトニンが人体で生成されると分泌されます。

そして、セロトニンは、トリプトファンが材料になって作り出される物質です。

つまり、トリプトファンが不足するとセロトニンができにくくなり、メラトニンが不足してしまいます。

トリプトファンはいろいろな食品で補う事ができますが、睡眠ホルモンは毎日作られるため消費します。

このため、睡眠サプリでトリプトファンを補う必要がでてきます。

ただし、トリプトファンはアミノ酸なので摂取してから30分程度で吸収されるので、毎日飲み続ければ飲むタイミングは、特に気にしなくても良いと思います。

睡眠ゴールデンタイムは成長ホルモンの分泌をうながす

人は、質の高い睡眠になるとリラックスすることで副交感神経が優位になります。

この状態だとノンレム睡眠になったときに、成長ホルモンの分泌量が多くなります。

成長ホルモンは、人体の代謝は修復をする効果があります。

この状態は、就寝後3時間程度でおきるとされ、例えば22時に就寝すると3時間後の1時になります。

このことが睡眠ゴールデンタイムの根拠になったのではないかとも言われてます。

ただし、睡眠サプリの効果を実感するためには、この時間に成分が吸収されていることが条件になってきますが、毎日飲み続ければ特に気にする必要はありません。

夜勤がある人の睡眠ゴールデンタイムは?

看護師など夜勤がある仕事をしている人は、昼夜逆転をしていますので、22時~2時の睡眠ゴールデンタイムは起きていて仕事をしていると思います。

その場合は、寝てから3時間後をゴールデンタイムと考えればよいでしょう。

ただし、睡眠ホルモンであるメラトニンは、日光などの明るさに反応して分泌されます。

人間の体内時計は本来、日中活動して夜は休むというリズムが刻み込まれています。

つまり、暗い状態でないとメラトニンはほとんど分泌されないので、寝る部屋はできるだけ暗くしてください。

いくら睡眠サプリで体質を改善できても、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が十分でないと期待される効果は得られませんのでご注意ください。

まとめ

・サプリメントは毎日続けることが重要

・成分がアミノ酸の場合は、吸収が早いのでどのタイミングで飲んでも効果に違いはない

・睡眠サプリはカフェインが入っている飲料とは一緒に飲みない方が良い

 - 睡眠サプリの飲むタイミング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした