寝つきに睡眠サプリ

寝つきが良くなる睡眠サプリに副作用はない理由

寝つきが良くなる睡眠サプリに副作用はなく安全

「睡眠サプリは効果があっても副作用はないかな?」

「睡眠サプリは一生飲み続けなければいけないのかな?」

しかし、睡眠サプリは食品なので、副作用はありません。

安全ですから、無料でお試しをする必要はありません。

また、睡眠サプリは睡眠導入剤のように強い成分で無理やり眠くさせるというものではありません。

体質改善による睡眠の質を高めているので、ある程度、改善されたら自然と体の調子が整い、睡眠のリズムが安定してきます。

そうなってきたら、少しずつ飲む量を減らし、最終的には中止することができます。

薬と違って副作用はないのですが、食物アレルギーがある方は、医師の相談の元、ご利用ください。

また、過剰に摂取しても効果が高まることはありませんので、容量を守ってお召し上がり下さい。

授乳中は医師の指導のもとご利用ください。

テアニンの副作用

テアニンの副作用は報告されていません。

もともとは、お茶に多く含まれる成分なので、お茶アレルギーの方があまりいないこともあって特に副作用の報告はありません。

安全性が高い栄養素の1つです。

ギャバの副作用

ギャバは、よほど大量に摂取しないかぎり、問題がないとされています。

1日に1000mg以上取った場合は、動機や息切れ、吐き気、唇の痙攣が起こったことがあるようですが、その場合も持病をもっていた方でした。

抗うつ剤や血圧降下剤などを常備薬として服用している人は、必ず医師に相談してから摂取しましょう。

乳タンパク加水分解物の副作用

特許成分ラクティウムなどの乳タンパク質の加水分解とは牛乳を原料とする食品の一種です。

牛乳アレルギーの方は、影響があるかもしれません。

牛乳アレルギーがある方は、医師の診断をうけてからにしましょう。

万一、副作用があったら大ごとです。

また、原料の牛乳の脂肪に由来するグリセリンと塩酸による分解により、不純物が製造中にどうしてもできてしまいます。

ただ、多くの業者が不純物に対して独自の基準を設けたり、塩酸のかわりに酵素をもちいることで不純物の生成で不純物を出さないようにしています。

カミツレエキスの副作用

植物由来のエキスなので、ごくまれに刺激やアレルギー反応をかんじるかたがいるかもしれませんが、敏感肌やニキビ肌にもよく使われる成分なので安心して良いと思います。

万一、刺激を感じた場合は、ただちに使用を中止して下さい。

カミツレエキスは、カモミールからとれるエキスです。

デキストリンの副作用

デキストリンの原材料はあくまで自然な食品が原料で、添加物ではないので、副作用はないと思います。

デキストリンは主にでんぷんから作られ、食物繊維のかたまりのようなもので、負担は少なく良い影響を与えます。

食物繊維は便秘改善という効果があるので、腸が弱い方は、お腹が緩んでしまうかもしれません。

ただし、睡眠サプリに含まれるデキストリンは少量で容量を守れば、下痢をすることはほとんどありませんので、ご安心ください。

でんぷんアレルギー

でんぷんアレルギーの方は、症状としては、口やのどがあかくはれる、かゆみがでる、咳き込むなどです。

そもそもでんぷんアレルギーの方は、あまり多くないと言われています。

また、卵や小麦粉と比べると過剰反応する方は非常に少ないです。

でんぷんは日常的にいろいろ使用されており、片栗粉はじゃがいものでんぷんから作られています。

グリシンの副作用

グリシンには大きな副作用はありません。

グリシンは、本来、人間の体内で生成されるアミノ酸なので、極めて安全だと言えると思います。

ただ、やはり過剰摂取はよくありません。

グリシンをとりすぎると下痢や胃腸の不調をおこすことがあります。

サプリの容量をまもって利用すれば、全く問題ありません。

グリシンは、ラフマ葉から抽出するのですが、ラフマはお茶として親しまれているので、特に副作用はありません。

ゼラチンの副作用

ゼラチンアレルギーは、きわめてまれなアレルギーで100万人に30人しかいないというレアなアレルギーです。

ほぼ、アレルギー体質の方はいないと思います。

ゼラチンアレルギーの方は、呼吸困難になって命を落とす危険性があるので絶対にゼラチンを含んだサプリメントは摂取しないでくださいね。

万一、ゼラチンアレルギーを持っている方で、ゼラチンを摂取してしまった場合は、すぐに医療機関で受診してください。

トリプトファンの副作用

トリプトファンを過剰に摂取すると肝硬変・肝機能障害を引き起こす可能性があるとされています。

過剰というのは1日の摂取量の6000mgをはるかにこえた量です。

睡眠サプリから摂取する料としては、6000mgを越えることはまずありえない数値なのでご安心ください。

また、トリプトファンの過剰摂取が肝硬変や肝機能障害を起こすことは、医学的にはまだ言えない状態です。

ただし、肝硬変を患っている場合は、トリプトファンが含まれる睡眠サプリは、医師との相談の上、ご利用ください。

また、まれにうつ病治療の抗うつ剤との組み合わせで、血液や心拍数が急激に変化するなどの症状が出る場合もあると言われています。

ステアリン酸カルシウムの副作用

ステアリン酸カルシウムは、日本では昔から医薬品添加物として使わされているので安全だと思います。・

これだけ多くの一般的な医薬品に入れていて深刻な副作用やアレルギーが報告されていないことを考えば安全だと言えると思います。

ただ、自然界には存在しない合成添加物であることは間違いないので、睡眠サプリの容量用途を守ってご利用ください。

微粒二酸化ケイ素の副作用

微粒二酸化ケイ素は、FAO/WHOが定める基準通りに精製すれば毒性はなく安全だと考えられています。

これは、微粒二酸化ケイ素「企画基準」「使用基準」「使用範囲」が厳しく決まっていて毒性試験も行われていますからです。

安い海外製のサプリメントは、この基準を満たしていないことがありますので、買わない方が無難だと思います。

微粒二酸化ケイ素は、サプリメントのカプセルや錠剤のコーティングを目的として使われています。

錠剤が飲みやすく、簡単に割れないように強度を高めたり有効成分の保護などに必要なコーティングです。

また、薬やサプリメントだけでなく、微粒二酸化ケイ素は当たり前のように使われています。

チーズ、ヨーグルト、マシュマロ、ホワイトチョコレート、キャンディー、マヨネーズなどです。

これらの食品を食べて問題なければ、サプリメントに微粒二酸化ケイ素が使われていても全く問題ありません。

サプリメントは安心の国内生産を選ぼう

GMP基準認定で睡眠サプリがより安全に

アメリカでは、cGMPを取得していない健康食品が販売禁止の措置になっています。

アメリカのcGMPとは日本のGMPに相当するものです。

FDAは、cGMPを取得していないDietary Supplement製造者に対して強制的に約400種類の製品の販売を差し止める法的措置に出たことを報じた。まだcGMP取得を行っていない、または行うだけの余力のない企業はこの世界から撤退するか、または相当な経済的犠牲を払ってcGMP取得を行わざるを得なくなった。こうした米国における規制は、いわゆる健康食品の安全性に関して行政が消費者を守るための極めて真摯な姿勢と見ることができる。

引用元:http://www.foocom.net/column/takou/5381/

この流れは、世界的な流れなので、いずれ日本のGMP取得も義務化されるのではないかと思います。

GMPの3つの目標は

・人為的な誤りを最小限にする

・健康食品に対する汚染を防止する

・品質を保証するための要件を定める

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

引用元:http://www.jihfs.jp/gmpn01.html

HACCPで睡眠サプリの安全を確保

HACCPは、食品を製造する際に工程中の危害を起こす要因(ハザード)を分析し、最も効率よく管理できる部分を管理して、安全を確保する管理方法です。

日本では、サプリメントも食品という扱いなので、HACCPが適用できます。

サプリメントは、同じ大きさ、同じ配合量を作ることがとても大事です。

その際、機械的、人的なミスはどうしても避けることができませんが、できるだけミスが起こらないような設備や手法を確立することが重要です。

HACCPは、サプリの製造者がそれを考える時間とコストを削減するために、効率よくミスが起こらないようにした設備や手法を確立しました。

有機JAS認定で睡眠サプリの安全の確保

有機JASとは、農薬や化学肥料をなどの化学物質に頼らず、サプリメントの材料を生産することです。

サプリの原料をコスト削減のため、外国産のものを使ってしまうと農薬や化学肥料を使っていることを確かめようがないこともあります。

しかし、国内産なら登録認定機関が検査することで有機JASであることを確かめることができます。

有機JASマークを貼ることができる食品を原料にしたサプリメントを選ぶべきだと思います。

口に入れることになるサプリは、安全に気を付けるのは当然だと思います。

放射能検査の実施で睡眠サプリを安全に

サプリメントは食品なので、製造の過程で放射能を気にする人もいるかと思います。

そこで睡眠サプリでは、放射脳検査をしています。

セシウム137、セシウム134、ヨウ素131は本来、自然界に存在しないもので原子力爆弾や原子力発電所などの事故によって漏れてしまうこと以外はありえません。

311の原子力発電所の事故で、放射能漏れが起きてしまいました。

ただし、セシウム137、セシウム134、ヨウ素131は生物的半減期と呼ばれるものが存在していますので、事故当時に比べて気にすることはありませんが、念のため、今でも放射能検査をやっているということです。

生物的半減期とは、体の外に排出され、ほとんど害がない状態になる期間をあらわすものです。

新聞やテレビなどのマスコミが福島の放射能を報道しているのは、偏向報道であり、風評被害を作っているにすぎません。

セシウム137の危険性

セシウム137は、体内に入るとセシウムは体内に分配され、ベータ線による内部被ばくを起こします。

人間における体から排泄されることによる生物学的半減期は平均70日です。

~1歳 9日
~9歳 38日
~30歳 70日
~50歳 90日

セシウム134の危険性

セシウム137は、体内に入るとセシウムは体内に分配され、ベータ線による内部被ばくを起こします。

人間における体から排泄されることによる生物学的半減期は平均150日です。

個人差が大きく早い人で100日、長い人で200日とされています。

ヨウ素131の危険性

ヨウ素131は、体内に入るとヨウ素は体内に分配され、ベータ線による内部被ばくを起こします。

人間における体から排泄されることによる生物学的半減期は長くても80日です。

乳児 11日
5歳児 23日
成人 80日

カフェイ検査で睡眠サプリの効果を高めます。

カフェインの効果の1つに覚醒作用があります。

睡眠で悩んでいる人にとって覚醒してしまっては、逆効果です。

覚醒作用=眠気を覚ます効果ですから大問題です。

睡眠サプリは、食品が原料なので、その中にカフェインが混入しているかどうかはとても重要なことだと思います。

人間の脳は、脳内ホルモンを受け取ることで、脳や心に様々な働きをもたらす受容体というものが存在します。

カフェインは、この受容体の1つであるアデノシン受容体と結びつきます。

アデノシン受容体は、脳をリラックスさせ、眠気を誘う働きをしています。

眠気をさそうアデノシン受容体はカフェインと結びつくことによって、その働きが阻害され、脳がリラックスできない状態になります。

脳はリラックスできないため、中枢神経が休まらず興奮状態になるので眠気がなくなるということです。

寝つきがよくなる睡眠サプリに副作用はない理由のまとめ

・サプリメントの原料は食品であり副作用はない

・成分によっては過剰摂取によっての副作用はあるが、現実的にその量に達することはほぼないので安全

・それぞれの成分に関するアレルギーがある方は、医師と相談の上利用してください。

 - サイトマップ