【睡眠サプリで寝つきがよくなる】効果で選ぶサプリランキング

睡眠薬は副作用が心配です。当サイトでは、毎日飲んでも問題がない睡眠サプリのみを厳選して紹介しています。

睡眠サプリで熟睡できる理由

「夜中になんども起きてしまって、朝起きられない」

「活力が低下して、仕事中ついウトウトしてしまう。」

朝シャキッと起きられない事や活力の低下は、夜熟睡できていないからおこってしまうことです。

しかし、睡眠サプリは、入っている成分の働きで熟睡し、昼間の活力を取り戻すことができます。

中途覚醒する人は、熟睡するための栄養素が足りていないことが主な原因と考えられます。

テアニンを摂取して中途覚醒の予防

テアニンは、臨床試験において、中途覚醒の減少が認められています。

中途覚醒は、テアニンの摂取することで大きな改善が見られます。

青年男性による主観的睡眠時間と中途覚醒時間について

健常男性22名に対して、テアニンとプラセボを就寝前に摂取させたところ、主観的睡眠時間と中途覚醒時間は次のような結果になりました。

主観的睡眠時間とは、実際の睡眠時間ではなく、主観的にどれくらい眠っていたと感じていたかという事です。

テアニンを摂取することで主観的な睡眠時間が増加し、中途覚醒が時間が減ったという事になります。

現代人は、24時間営業であったり、変な時間に食事をとったり、夜勤がある仕事であったりと様々な理由で生活リズムが不規則である人が昔に比べて多いです。

また、デスクワークの仕事が増え、スマホを見る時間が増え、パソコンのブルーライトに1日中さらされているのも熟睡できない原因の1つと言われています。

閉経後の中年女性の中途覚醒について

閉経後の中年女性20名(50~56歳)を対象としてテアニン、またはプラセボを就寝1時間前に摂取させると、テアニンを摂取した方が、副交感神経が優位に働きました。

副交感神経が交感神経が優位の時は、脳が休んでいる状態なので、熟睡できているという事です。

交感神経と副交感神経については、クロスオーバー検査を行いました。

クロスオーバー検査とは、この場合は、閉経後の女性に日にちをかえて投与することです。

 

その結果、テアニンを摂取した方が、副交感神経が優位にはたらきました。

テアニンを摂取することで朝まで起きることなく熟睡できるという事になるかと思います。

引用元:http://www.taiyokagaku.com/health/sleep

 

グリシンで中途覚醒対策

グリシンは、深部体温を下げて熟睡状態に導きます。

深部体温とは、からだの中心部分の温度のことで、寝ている時の深部体温は起きている時に比べて低くなります。

子育て経験がある方ならわかると思うのですが、赤ちゃんが寝る前に手足が暖かくなりますよね。

赤ちゃんはまだ深部体温を下げる機能が上手に働いていないので、手足から熱を放出することで深部体温を下げているからなんです。

熱前にグリシンを飲むと、手足の先の毛細血管の血液量が増加してあかちゃんと同様な現象が起きます。

つまり、手足から熱が放出することで深部体温が下がり中途覚醒をしない眠りにつくことができるという事なのです。

グリシンによって中途覚醒しない事が習慣化すれば、昼間はすっきり仕事や勉強をして、夜は深い眠りにつくという好循環が生まれます。

引用:http://report.ajinomoto-kenko.com/suimin/kaiketsu.html

トリプトファンで中途覚醒を改善

中途覚醒は、ストレスと眠りが浅い事が原因で起きることが多いです。

中途覚醒の2つの原因を改善するためにトリプトファンが深く関係しています。

ストレスをやわらげるためには、幸せホルモンが有効

トリプトファンとは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが作られます。

セロトニンは、ストレスをやわらげ、精神的にリラックスする働きがあるホルモンです。

セロトニンは、三大神経伝達物質の1つであり、人間の感情を左右する役割をもっていると言われています。

セロトニンは、人体で生成できるのですが、材料となるトリプトファンは人体で生成できません。

つまり、セロトニンの生成にはトリプトファンが不可欠で、トリプトファンが不足すると必要な量をつくることができません。

そのため、トリプトファンを補っていく必要があるのです。

成人の場合、セロトニンは1キログラム当たり、2mg必要とされています。

浅い眠りの解消には、メラトニンが必要

レム睡眠の時にメラトニンが十分な量が足りていないと中途覚醒になってしまいます。

メラトニンは、セロトニンを材料として分泌される睡眠ホルモンです。

人は、眠りにつくとレム睡眠と呼ばれる浅い眠りと、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りを繰り返します。

浅い眠りであるレム睡眠中に朝を迎えていないのに覚醒してしまう原因がメラトニン不足です。

メラトニンは周りの明るさによって分泌される量が変わりますが、セロトニンが十分でないと夜中であってもメラトニンの量が足りなくなってしまい、中途覚醒してしまいます。

セロトニンの原料はトリプトファンなので、トリプトファンが不足するとメラトニンが不足してしまいレム睡眠の時に朝でないのにおきてしまう事になります。

また、メラトニンは、脳になる体内時計とも深く関係しています。

体内時計の調整をしっかりするためにも寝るときは、暗くして寝ることが望ましいと思います。

引用:http://www.tainaidokei.jp/mechanism/3_3.html

ギャバ(gaba)で熟睡できるようになります。

ギャバ(GABA)には、深部体温を下げる効果とドーパミンの分泌を抑える効果があります。

深部体温とは、人が寝ている状態

どちらも熟睡するために必要な効果です。

ギャバ(gaba)で深部体温をさげるから熟睡できる

ギャバ(gaba)の深部体温を下げる効果は、グリシン同様、熟睡状態を作り出すために重要なことです。

ただし、グリシンとちょっと違うのは、ギャバが心拍数を下げることで深部体温をさげるということです。

体温急速に下がると脳がクールダウンしやすいので熟睡できるようになります。

寝る1時間前に入浴して体を温めておけば、ギャバの体温を下げる効果との相乗効果で朝までぐっすりねむることができるようになります。

ギャバ(gaba)でドーパミンの分泌を抑えるから熟睡できる

ドーパミンが増えることによって、脳は興奮状態になり活発になります。

その結果、たとえ寝つけたとしてもドーパミンの働きが強いと交感神経が優位になってしまいます。

交感神経が優位になると熟睡できずに、夜中に起きてしまう事が多くなります。

正確には、ドーパミン自体は交感神経の活発化に働いているわけではないのですが、ドーパミンが出るとアドレナリンを活発化させ、このアドレナリンが交感神経を刺激してしまいます。

アドレナリンは人間の活動を活発化させたり、やる気をおこさせるという意味では良いのですが、熟睡を妨げることになるので寝ている時は働かないようにする方が良いです。

睡眠サプリで熟睡できる理由のまとめ

・副交感神経を優位にすることによって熟睡できるようになる

・深部体温を下げることによって中途覚醒の改善になる

・体内時計を調整して中途覚醒を防ぐことが重要

 - 睡眠サプリの効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

睡眠で疲れが取れない人の理由

「しっかり寝たのに昼間ウトウトしていまう」 「いくら寝ても前の日の疲れが残ってし …

睡眠サプリで寝つきを改善しよう

「朝が来るのが怖い。プレッシャー」 「疲れているはずなのに眠れない」 ベッドのな …