【睡眠サプリで寝つきがよくなる】効果で選ぶサプリランキング

睡眠薬は副作用が心配です。当サイトでは、毎日飲んでも問題がない睡眠サプリのみを厳選して紹介しています。

睡眠で疲れが取れない人の理由


「しっかり寝たのに昼間ウトウトしていまう」

「いくら寝ても前の日の疲れが残ってしまう」

こういう人は、睡眠時間より、睡眠の質が大事という事を知ってほしいです。

しかし、良質な睡眠をとることができるようになる睡眠サプリを飲めば、次の日がシャキッと活動できます。

グリシンは日中の疲労感や眠気が減少します

睡眠サプリに含まれているグリシンは、摂取することで、起床時の疲労感が改善し、気分が改善されます。

日中は眠くなることがなりなり、仕事にプライベートに頑張れます。

グリシンで起床時の疲労感の軽減

グリシンを十分に摂取すると短時間の睡眠でも疲労回復ができます。

元々、グリシンは調味料などに使われていて、どこにでもある成分だったので、安眠効果があることは知られてはいませんでした。

ありふれた成分過ぎて、安眠効果があるとは考えられてはいなかったのです。

しかし、研究の結果、摂取することで質の高い睡眠がえられ、疲労回復できるという事がわかってきたのです。

図のように起床時の疲労感がグリシンを摂取したかどうかで変化がありました。

グリシンで日中の眠気の減少

睡眠に問題がない人に協力を依頼し、わざと睡眠不足の状態を作り出す実験をしました。

その睡眠不足の人に、グリシンを摂取した場合とグリシンを摂取しない場合で比較してみるとグリシンを摂取した人は、日中の疲労感がなくなったという結果でした。

図のようにグリシンを食べた方が眠気が改善されました。

疲労感があるから昼間に眠くなるということです。

グリシンは、疲労感をとる成分として摂取したいアミノ酸の一種です。

アミノ酸は、年齢とともに減少していくので、歳を重ねるごとに必要なものを摂取していきましょう。

引用元:http://report.ajinomoto-kenko.com/suimin/kaiketsu.html

テアニンで質の高い睡眠をうながし疲れをきっちりとる

テアニンは、血液脳関門と呼ばれる脳の関所のような機能をもってしても通過できる成分の1つです。

血液脳関門によって、かぎられた成分しか血管から脳内に入り込むことができません。

しかし、テアニンは血液脳関門を通過して、脳内のα波を増加させて質の高い睡眠をとることができます。

質の高い睡眠はノンレム睡眠があらわれ、成長ホルモンを分泌して疲労感や体の細胞の修復を行います。

寝ても寝ても寝足りない人は、ほとんどがストレスが原因で質の高い睡眠になっていないことが多いです。

日ごろ運動しないから体力がなくて、長時間寝なくてはいけないという人は、ほとんどいません。

また、過酷な労働をしているいわゆる肉体労働者ほど長時間睡眠が必要で、デスクワークの仕事は睡眠時間が短くてよいという比例関係もありません。

なぜかというと肉体的な疲労は、横になっているだけで回復するからです。

テアニンによって質の高い睡眠をとることで、もう昼間に眠くなることはないはずです。

GABA(ギャバ)で質の高い睡眠をとって疲労回復

GABA(ギャバ)の働きの1つに「リラックス効果」があります。

興奮すると分泌される「アドレナリン」を抑制する働きがあるので、興奮状態をおさえ、体が休まり質の高い睡眠をとることができます。

質の高い睡眠は、ノンレム睡眠で成長ホルモンを分泌させて、肉体の疲労を回復させることができます。

長時間、睡眠をとったにもかかわらずなんとなく倦怠感があり、やる気が低下してしまうことはなくなると思います。

例えばデスクワークは基本、パソコンの作業が多くなります。

パソコンの作業は、PCからのブルーライトで常に目を刺激しています。

この刺激は自律神経に悪影響を及ぼします。

目の刺激を通して脳の活動を活発化させ、交感神経が優位になれば、なかなか質の高い睡眠というものは難しいものです。

そこで、脳を活動を鎮めるために、副交感神経が優位な状態になるような状態にします。

つまり、リラックスすることが重要なのです。

脳の興奮状態を押さえることでリラックスできるので、短い時間でも質の高い睡眠になり、その日の疲れがとれるということです。

疲労している人はメラトニン不足になっているからトリプトファンを摂取

メラトニンを慢性疲労患者に対して、投与することで、疲労患者が回復傾向に向かったというデータがあります。

メラトニンの生成に欠かせないのが、トリプトファンです。

ただし、トリプトファンは、人体で生成できないため食品からとる必要があります。

トリプトファンをしっかり取ることで、体内で睡眠ホルモンであるメラトニンが合成されます。

メラトニンが生成されると夜の眠りが深くなり、睡眠の質が改善されます。

眠りが深くなると成長ホルモンの分泌が活発になり、寝ている間に体中の細胞や組織が修復、再生されます。

これがいわゆる疲労が回復したという状態になります。

眠りが浅く、質が高い睡眠が得られない場合は、成長ホルモンの分泌が足りないので、細胞や組織の修復や再生が不十分にになります。

その結果、次の日に前の日疲れを引きずってしまうという事になるのです。

睡眠のグーグルデンタイムで疲れをとる

睡眠のゴールデンタイムは、22時から2時だと言われています。

この時間に寝ることが疲労回復や美容にも最適な成長ホルモンを分泌させることができます。

成長ホルモンは、ノンレム睡眠時に分泌されますが、ノンレム睡眠にもいくつか段階があります。

ノンレム睡眠の段階1は、声をかければ目が覚めてしまう状態の事です。

段階2は浅い眠りで、声をかければ目が覚めてしまったり、耳から入る情報はキャッチできる状態の事です。

「段階3、4」は、徐波睡眠や深睡眠期と呼ばれ、身体も脳も休んでいる状態です。

この状況がもっとも成長ホルモンが分泌されている段階ですので、この状況が不十分だとなかなか疲労感はなくならない事が多いことが多いです。

忙しい現代人は、なかなか22時に寝られる人は少ないと思います。

でも、まだあきらめないでください。

理想の睡眠ゴールデンタイムは、22時から2時ですが、この間にゴールデンタイムは何もありますので、最初が間に合わなくても全く問題ありません。

とは言っても遅くとも0時ぐらいには寝始めたいところです。

睡眠ゴールデンタイムにしっかり寝て、次の日に疲れを残さないようにしましょうね。

睡眠で疲れが取れない人の理由のまとめ

・睡眠による疲労回復は質の高い睡眠が必要

・ノンレム睡眠をしっかりとって成長ホルモンの分泌を促す

・睡眠のゴールデンタイムで疲れを次の日に残さないようにする

 - 睡眠サプリの効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

睡眠サプリで寝つきを改善しよう

「朝が来るのが怖い。プレッシャー」 「疲れているはずなのに眠れない」 ベッドのな …

睡眠サプリで熟睡できる理由

「夜中になんども起きてしまって、朝起きられない」 「活力が低下して、仕事中ついウ …