【睡眠サプリで寝つきがよくなる】効果で選ぶサプリランキング

睡眠薬は副作用が心配です。当サイトでは、毎日飲んでも問題がない睡眠サプリのみを厳選して紹介しています。

寝つきが良くなる睡眠サプリに副作用はない理由

「睡眠サプリは効果があっても副作用はないかな?」

「睡眠サプリは一生飲み続けなければいけないのかな?」

しかし、睡眠サプリは食品なので、副作用はありません。

また、睡眠サプリは睡眠導入剤のように強い成分で無理やり眠くさせるというものではありません。

体質改善による睡眠の質を高めているので、ある程度、改善されたら自然と体の調子が整い、睡眠のリズムが安定してきます。

そうなってきたら、少しずつ飲む量を減らし、最終的には中止することができます。

薬と違って副作用はないのですが、食物アレルギーがある方は、医師の相談の元、ご利用ください。

また、過剰に摂取しても効果が高まることはありませんので、容量を守ってお召し上がり下さい。

テアニンの副作用

テアニンの副作用は報告されていません。

もともとは、お茶に多く含まれる成分なので、お茶アレルギーの方があまりいないこともあって特に副作用の報告はありません。

ギャバの副作用

ギャバは、よほど大量に摂取しないかぎり、問題がないとされています。

1日に1000mg以上取った場合は、動機や息切れ、吐き気、唇の痙攣が起こったことがあるようですが、その場合も持病をもっていた方でした。

抗うつ剤や血圧降下剤などを常備薬として服用している人は、必ず医師に相談してから摂取しましょう。

乳タンパク加水分解物の副作用

特許成分ラクティウムなどの乳タンパク質の加水分解とは牛乳を原料とする食品の一種です。

牛乳アレルギーの方は、影響があるかもしれません。

牛乳アレルギーがある方は、医師の診断をうけてからにしましょう。

また、原料の牛乳の脂肪に由来するグリセリンと塩酸による分解により、不純物が製造中にどうしてもできてしまいます。

ただ、多くの業者が不純物に対して独自の基準を設けたり、塩酸のかわりに酵素をもちいることで不純物の生成で不純物を出さないようにしています。

カミツレエキスの副作用

植物由来のエキスなので、ごくまれに刺激やアレルギー反応をかんじるかたがいるかもしれませんが、敏感肌やニキビ肌にもよく使われる成分なので安心して良いと思います。

万一、刺激を感じた場合は、ただちに使用を中止して下さい。

カミツレエキスは、カモミールからとれるエキスです。

デキストリンの副作用

デキストリンの原材料はあくまで自然な食品が原料で、添加物ではないので、副作用はないと思います。

デキストリンは主にでんぷんから作られ、食物繊維のかたまりのようなもので、負担は少なく良い影響を与えます。

食物繊維は便秘改善という効果があるので、腸が弱い方は、お腹が緩んでしまうかもしれません。

ただし、睡眠サプリに含まれるデキストリンは少量で容量を守れば、下痢をすることはほとんどありませんので、ご安心ください。

でんぷんアレルギーの方

でんぷんアレルギーの方は、症状としては、口やのどがあかくはれる、かゆみがでる、咳き込むなどです。

そもそもでんぷんアレルギーの方は、あまり多くないと言われています。

また、卵や小麦粉と比べると過剰反応する方は非常に少ないです。

でんぷんは日常的にいろいろ使用されており、片栗粉はじゃがいものでんぷんから作られています。

グリシンの副作用

グリシンには大きな副作用はありません。

グリシンは、本来、人間の体内で生成されるアミノ酸なので、極めて安全だと言えると思います。

ただ、やはり過剰摂取はよくありません。

グリシンをとりすぎると下痢や胃腸の不調をおこすことがあります。

サプリの容量をまもって利用すれば、全く問題ありません。

グリシンは、ラフマ葉から抽出するのですが、ラフマはお茶として親しまれているので、特に副作用はありません。

ゼラチンの副作用

ゼラチンアレルギーは、きわめてまれなアレルギーで100万人に30人しかいないというレアなアレルギーです。

ほぼ、アレルギー体質の方はいないと思います。

ゼラチンアレルギーの方は、呼吸困難になって命を落とす危険性があるので絶対にゼラチンを含んだサプリメントは摂取しないでくださいね。

万一、ゼラチンアレルギーを持っている方で、ゼラチンを摂取してしまった場合は、すぐに医療機関で受診してください。

トリプトファンの副作用

トリプトファンを過剰に摂取すると肝硬変・肝機能障害を引き起こす可能性があるとされています。

過剰というのは1日の摂取量の6000mgをはるかにこえた量です。

睡眠サプリから摂取する料としては、6000mgを越えることはまずありえない数値なのでご安心ください。

また、トリプトファンの過剰摂取が肝硬変や肝機能障害を起こすことは、医学的にはまだ言えない状態です。

ただし、肝硬変を患っている場合は、トリプトファンが含まれる睡眠サプリは、医師との相談の上、ご利用ください。

また、まれにうつ病治療の抗うつ剤との組み合わせで、血液や心拍数が急激に変化するなどの症状が出る場合もあると言われています。

ステアリン酸カルシウムの副作用

ステアリン酸カルシウムは、日本では昔から医薬品添加物として使わされているので安全だと思います。・

これだけ多くの一般的な医薬品に入れていて深刻な副作用やアレルギーが報告されていないことを考えば安全だと言えると思います。

ただ、自然界には存在しない合成添加物であることは間違いないので、睡眠サプリの容量用途を守ってご利用ください。

微粒二酸化ケイ素の副作用

微粒二酸化ケイ素は、FAO/WHOが定める基準通りに精製すれば毒性はなく安全だと考えられています。

これは、微粒二酸化ケイ素「企画基準」「使用基準」「使用範囲」が厳しく決まっていて毒性試験も行われていますからです。

安い海外製のサプリメントは、この基準を満たしていないことがありますので、買わない方が無難だと思います。

微粒二酸化ケイ素は、サプリメントのカプセルや錠剤のコーティングを目的として使われています。

錠剤が飲みやすく、簡単に割れないように強度を高めたり有効成分の保護などに必要なコーティングです。

また、薬やサプリメントだけでなく、微粒二酸化ケイ素は当たり前のように使われています。

チーズ、ヨーグルト、マシュマロ、ホワイトチョコレート、キャンディー、マヨネーズなどです。

これらの食品を食べて問題なければ、サプリメントに微粒二酸化ケイ素が使われていても全く問題ありません。

寝つきがよくなる睡眠サプリに副作用はない理由のまとめ

・サプリメントの原料は食品であり副作用はない

・それぞれの成分に関するアレルギーがある方は、医師と相談の上利用してください。

 - 睡眠サプリの副作用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした